くらしのガイド

子育て・教育・文化・スポーツ

子育て支援医療費助成制度の対象年齢を18歳までに拡大しました

 新見市では、子育て環境の充実と子育て世代の負担軽減を図るため、令和2年4月1日から、子育て支援医療費助成制度の対象年齢を「18歳になってから最初の3月31日までの子ども」に引き上げました。
 この制度は、岡山県内の医療機関に「健康保険証」と市が交付する「子育て支援医療費受給資格者証(以下「受給資格者証」という。)を提示することにより、医療費の自己負担額が無料となる制度です。
 この「受給資格者証」の交付を受けるために、新たに対象となる人(平成14年4月2日から平成17年4月1日生まれ)は、下記の交付申請(①)が必要となります。

 なお、令和2年4月以降、受給資格者証がお手元に届くまでに医療機関を受診された場合は、医療費を払い戻ししますので、下記の医療費給付申請(②)をしてください。(医療機関を受診した際の領収書は捨てないように注意してください。

①受給資格者証の交付申請
【提出書類】申請書(押印が必要)、子どもの健康保険証の写し
【申請場所】こども課、各支局、市民センター(郵送による申請も受け付けます)
 ※郵送による申請も受け付けます。
 ※受給資格者証は6月までに送付予定です。

②医療費給付申請
【必要書類】医療機関の領収書、印鑑、受給資格者証、振込口座が確認できるもの(通帳など)
【申請場所】こども課、各支局、各市民センター
【受付開始】6月以降(受給資格者証送付後) 
 

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

福祉部 こども課
電話 0867-72-6115  

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)

子育て・教育・文化・スポーツ