くらしのガイド

住まい・環境

飼い犬の管理

 犬・猫による苦情が増加しています。犬・猫を飼うときのルールを守り、最後まで責任を持って飼うようにしましょう。
項     目 内        容
犬を飼うとき

 法律により、犬の登録と注射済票の交付手続きが義務付けられていますので、手続をしてください。

●登録手数料       3,000円
  犬を飼うときには、登録が必要です(生後91日以上)。生涯に一度きり登録鑑札を交付し、飼い犬の情報を登録します。
 犬の種類、生年月日等が分かるものを持参してください。

●注射済票交付手数料   550円
  動物病院等で狂犬病予防注射を受けた方は、注射時に交付された「狂犬病予防注射済証」を持参し、注射済票の交付を受けてください。
※4・5月に行う巡回注射時に登録を行うこともできますので、ご利用ください。

●犬が死亡・飼い主の変更があったとき
 犬の死亡届・登録事項変更届の提出が必要ですので、登録鑑札を持参し、手続きをお願いします。

犬を飼うときのルール ●放し飼いはやめましょう
 県の条例で、放し飼いは禁止されています。必ずリード等でつなぎ飼うようにしてください。また散歩をするときも交通事故や近隣住民とのトラブルの原因となるため、リード等でつないで散歩するようにしてください。
猫を飼うときのルール ●室内で飼いましょう
 交通事故やフン尿等による近隣住民とのトラブルの原因となりますので、室内で飼うようにしましょう。

●野良猫へのえさやりはやめましょう
 一度えさを与えてしまうと、野良猫がその場所に住み着いてしまうことがあります。野良猫が住み着いてしまうと、周辺住民の方からフン尿などの苦情がでてくる原因になります。無責任なえさやりはしないようにしましょう。
このページに関するお問い合わせ先

福祉部 環境課 衛生係
電話 0867-72-6124   ファクス 0867-72-6107

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)

↑