くらしのガイド

国保・年金・医療・税金・寄付金

給与を支払った人(事業所・個人事業主)は、給与支払報告書の提出が必要です

給与を支払った人(事業所・個人事業主)は、給与支払報告書の提出が必要です

前年中(1月1日~12月31日)に給与等(俸給・給料・賃金・賞与など)を支払った事業所(個人事業主も含む)は、給与支払報告書を市町村へ提出しなければなりません。

提出先は、給与等を受け取った従業員が当年1月1日現在に所在していた住所地の市町村となります。なお、年の途中で退職された人なども提出をお願いします。

給与支払報告書総括表と普通徴収切替理由書の提出方法

前年に総括表・給与支払報告書をご提出いただいた事業所には、総括表と給与支払報告書の提出依頼文書を郵送しますので、注意事項などをよく確認しご提出ください。

なお、前年に総括表・給与支払報告書の提出がなかった事業所や、初めて提出される事業所など、お持ちでない事業所は、新見市役所税務課までご連絡いただければ用紙を送らせていただきます。また、下記のファイルをダウンロードしてお使いいただくことも可能です。  (R3年度)給与支払報告書総括表・普通徴収切替理由書.pdf

ご提出の際は、下記1~4の順番に重ねて、ご提出ください。

 1.総括表

 2.特別徴収を行う受給者の給与支払報告書(個人別明細書)

 3.普通徴収切替理由書

 4.普通徴収を行う受給者の給与支払報告書(個人別明細書)
 

注意点

・令和3年1月提出分の給与支払報告書などのeLTAXまたは光ディスクなどによる提出義務基準が引き下げられました。 
 ★給与支払報告書・源泉徴収票の提出は"eLTAX"で!!!
  (詳細は↑チラシをご覧ください。)

・平成28年分の総括表と給与支払報告書から、給与支払者の法人番号または個人番号(マイナンバー)と、従業員および扶養親族の個人番号(マイナンバー)の記入が必要となります。

・岡山県と県内各市町村では、平成28年度から特別徴収(給与天引き)の一斉指定をしています。給与支払報告書を提出する際に、特別徴収ができない(県税務課が認める普通徴収の基準に該当する)人がいる場合には、「普通徴収切替理由書」の提出と、個人別明細書の摘要欄に普通徴収該当理由の記載が必要です。これ以外の場合は、原則特別徴収となりますのでご注意ください。
このページに関するお問い合わせ先

総務部 税務課
電話 0867-72-6117  

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)

↑