くらしのガイド

福祉・介護

児童手当

児童手当は家庭などにおける生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的として、児童を養育している人に支給されます。 

 

【対象児童】

中学校修了までの児童(15歳到達後最初の3月31日までの間にある児童)

日本国内に居住する児童(留学中の場合など除く)

 

【手当の月額】

 児童1人当たり

年齢 支給月額
3歳未満 15,000円
(一律)
3歳~小学生 第1子 10,000円
第2子
第3子以降※ 15,000円
中学生 10,000円
(一律)
所得制限を超える場合(0歳~中学生) 5,000円
(一律)

※第3子以降のカウントは、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子どもの数で数えます。

(例)5歳から19歳までの子どもがいる場合

   19歳(カウントしない)・・・0円

   16歳(第1子)・・・・・・・0円

   10歳(第2子)・・・・10,000円

   5歳(第3子)・・・・15,000円

 

【所得制限】

扶養親族などの人数 所得額 収入額
0人 622万円 833万3千円
1人 660万円 875万6千円
2人 698万円 917万8千円
3人 736万円 960万円
4人 774万円 1,002万円
5人 812万円 1,040万円

 

【支給月】

支払月 支給月分
 6月  2月分~ 5月分
10月  6月分~ 9月分
 2月 10月分~ 1月分

 

【申請手続き】

児童手当を受給するためには申請(認定請求)が必要です。

新たに児童が生まれた人・他の市町村から転入した人は、出生・転入の翌日から15日以内に申請してください。

※手当は申請月の翌月分から支給対象となります。

※公務員の人は勤務先へ申請してください。

 

●受給資格者

 新見市に住民票があり、支給対象となる児童を監護し、かつ生計を同じくする父母などのうち主たる生計維持者(恒常的に所得の高い人)

●申請書
児童手当認定請求書

 

●申請に必要なもの

 ・請求者の健康保険証または年金加入証明書 

 ・請求者名義の振込口座のわかるもの

 ・個人番号(マイナンバー)が確認できる書類

 

【現況届】

6月分以降(10月支給以降)の支給要件を確認し、決定するために必要ですので、必ず6月中に提出してください。

対象者には6月上旬に現況届の用紙を送付します。

※提出がない場合は6月分以降の手当が受けられません。

 

このページに関するお問い合わせ先

福祉部 こども課
電話 0867-72-6115  

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)

↑