行政・議会

行政情報

新見市のICT活用教育

 

  新見市は、新市誕生に際し「情報文化都市」を目標の一つとして掲げ、『新見市総合振興計画』に基づき『新見市地域情報化計画』を策定し、情報化施策の展開・方向性を具体的に示しています。この中で、地域情報通信基盤整備推進事業等によりで市全域に光ファイバを敷設する「ラストワンマイル事業」を実施し、市内全世帯及び主要公共施設でインターネットが利用できる環境を整備しています。また、ほぼ市内全世帯において携帯電話の利用が可能となっています。

 教育現場では、これら情報通信基盤の利活用を図り、小学校における教育指導の充実と学校間の情報交換の効率化を促進するため、これまで、パソコン教室の整備や教員への1人1台のパソコン配備、市内小中学校への地上デジタルテレビの整備やインタラクティブ・ホワイト・ボード(IWB)の配備等、教育の情報化を順次進めてきました。

 平成26年には、市内全中学校に1人1台のTPCを貸与するとともに、校内無線LAN、IWB、ICT支援員の配備を行い、全教科での活用に取り組み、各校で授業の公開を行って相互に研修を深めています。

 

 

 

 年度

取 組 の 概 要

備 考
H22年度

・総務省の「地域雇用創造ICT絆プロジェクト(教育情報化)事業」に参画し、新見市立高尾小学校の全児童75名及び教員にTPCを配布、IWB6台等を導入。ICT支援員1名を確保・育成した。

 
H23年度

・総務省「フューチャースクール推進事業」及び文科省「学びのイノベーション事業」 に取り組み、新見市立哲西中学校の全生徒及び教員にTPCを配布し、IWB等のICT機器を導入。ICT支援員1名を実証校専任とし確保・育成した。

 
H26年度

・新見市ICT活用教育推進事業(授業研修会の開催:市内全中学校)

・フューチャースクール実施校1校を除く、市内全中学校5校で、校内無線LANネットワーク等のICT環境を構築し、1人1台へのTPC及びIWBを配備した。また、中学校担当ICT支援員として新たに1名を雇用した。

H26授業研修会報告書

 

授業研修会報告書

H27年度

・新見市ICT活用教育推進事業(授業研修会の開催:市内全中学校)  

・平成27年度 文科省「ICTを活用した教育推進自治体応援事業(ICT活用実践コース)」に取り組み、中学校担当ICT支援員として新たに1名を雇用した。

H27授業研修会報告書

授業研修会報告書

H28年度

・新見市ICT活用教育推進事業(授業研修会の開催:市内全中学校) 

・平成28年度 文科省「ICTを活用した教育推進自治体応援事業(ICT活用実践コース)」に取り組む。

・「全国ICT教育首長協議会」に参加。 

H28授業研修会報告書

授業研修会報告書

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会教育部 学校教育課
電話 0867-72-6146  

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)

行政情報