スポット

南東エリア

満奇洞(まきどう)

自然の造形美と色彩豊かなLED照明が生み出す幻想的な世界!横穴鍾乳洞!  満奇洞内をリアルに体験できるヴァーチャル・リアリティーサイト公開中!



すべてのバーチャルツアーを体験するならこちらから!
 
 

 

【満奇洞観光PR動画『映える恋のはじめ方』】
 
【ドローン動画】

 
満奇洞は、江戸時代末期、猟師が狸を追いかけているときに発見したといわれています。
昭和4年に歌人 与謝野鉄幹・晶子夫婦がこの地を訪れ、「奇に満ちた洞」と絶賛し、
槇(まき)という地名から「槇の穴」と呼ばれていた名称にちなんで、「満奇洞」と呼ばれるようになりました。

平面に発達した横穴の鍾乳洞で、全長は約450mあります。

洞内は常に15℃前後となっているため、夏は涼しく冬は暖かく感じられます。

洞内の一番奥にある
「恋人の泉」入口付近がハート型に見えることから、満奇洞「恋人の泉」は、
恋人の聖地に選定されています!

洞窟という特色がかわれて、
昭和52年:渥美清さん、平成8年:豊川悦司さん、平成16年:稲垣吾郎さん、令和元年:吉岡秀隆さんが金田一耕助役をした
「八つ墓村」のロケ地にもなりました。

幻想的な雰囲気や水面に映り込む姿が写真映えするなど、

映えスポットが多くある施設としても人気で、
コスプレイヤーの方々が写真を撮りに来られることも!
 


■満奇洞駐車場案内図■



■注意事項■

インフォメーション

住所 岡山県新見市豊永赤馬2276-2
電話番号 0867-74-3100 (満奇洞管理事務所)
アクセス方法 中国自動車道 新見ICから車で約30分
中国自動車道 大佐SICから車で約30分
中国自動車道 北房ICから車で約20分
駐車場 あり
※大型バスの駐車も可能

アクセスマップ

周辺のスポット・グルメ・お土産特産品

ページトップへ