くらしのガイド

消防・防災・防犯

「警戒レベル」で避難のタイミングをお伝えします

 平成30年7月豪雨を教訓とし、平成31年3月に「避難勧告等に関するガイドライン(内閣府)」が改定され、住民等が災害発生のおそれの高まりに応じてとるべき行動を直感的に理解できるよう、避難情報等を5段階の警戒レベルでお知らせすることとなりました。

 

 
警戒レベル とるべき避難行動 避難情報等
警戒レベル5
既に災害が発生している状況。
命を守るための最善の行動を取る。

 
災害発生情報
警戒レベル4

全員避難してください。

 
避難指示(緊急)
避難勧告
警戒レベル3
避難に時間のかかる高齢者や障害のある方、乳幼児等は避難を開始してください。
その他の人は、避難の準備をしてください。

 
避難準備・高齢者等避難開始
警戒レベル2
避難に備え、避難場所や避難経路を再確認するなど、避難行動を確認してください。
非常持出品を確認してください。

 
大雨注意報等
警戒レベル1
気象情報を確認するなど、災害への心構えを高めてください。
自宅周辺の安全確認をしてください。

 
早期注意情報

※各種の情報は、警戒レベル1から5の順番で発表されるとは限りません。状況が急変することもあります。

 


 警戒レベルに関するチラシ


 ◆警戒レベルに関する映像資料(内閣府防災情報のページ)

 ◆避難勧告等に関するガイドラインの改定(内閣府防災情報のページ)

 

このページに関するお問い合わせ先

総務部 総務課 危機管理係
電話 0867-72-6204  

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)