くらしのガイド

国保・年金・医療・税金・寄付金

【国民健康保険・後期高齢者医療保険】平成30年7月豪雨により被災された方の国民健康保険・後期高齢者医療保険における免除・減免等について

平成30年7月豪雨により被災された方に、国民健康保険・後期高齢者医療制度についての医療費の一部負担金(窓口負担分)の免除や国民健康保険税・後期高齢者医療保険料の減免等についてのお知らせです。

医療費の一部負担金(窓口負担分)の免除 【期間延長】

 今回の豪雨で被災された方が医療機関を受診する際に、新見市の住民の方で、国民健康保険・後期高齢者医療に加入している場合、下記の条件に該当する方は、「国民健康保険一部負担金免除承認書」「後期高齢者医療一部負担金免除証明書」を保険証に添えて医療機関等の窓口に提示することで、医療保険の窓口負担分について支払いが不要となります。
 ①住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をされた方
 ②主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負われた方
 ③主たる生計維持者の行方が不明である方
 ④主たる生計維持者が業務を廃止、又は休止された方
 ⑤主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

  【国民健康保険】:令和元年6月30日⇒令和2年3月31日まで

  【後期高齢者医療保険】令和元年6月30日⇒令和元年12月31日まで

国民健康保険税・後期高齢者医療保険料の減免 【終了】 

 今回の豪雨で被災された方が、床上浸水や住宅、家財について著しい損害を受けたことにより、納付すべき国民健康保険税・後期高齢者医療保険料の全部または一部を納付することができないと認められるときは、減免を受けられる場合があります。 

(注意)
 国民健康保険税・後期高齢者医療保険料の減免の対象となるかどうかは、罹災証明書の内容や被害状況および保険金の補填状況等により決定されます。

 なお、この取り扱いについては、令和元年6月30日をもって終了となります。

 



【お問い合わせ】

○医療費の一部負担金(窓口負担分)・後期高齢者医療保険料に関すること
 市民課 国保年金係
 電話番号:0867-72-6123 FAX番号:0867-72-1407

○国民健康保険税に関すること
 税務課 市民税係
 電話番号:0867-72-6117 FAX番号:0867-71-0085

 住所:〒718-8501 新見市新見310-3


 
このページに関するお問い合わせ先

福祉部 市民課
電話 0867-72-6121  

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)

国保・年金・医療・税金・寄付金