くらしのガイド

健康・親子保健・妊娠・結婚

3回目(追加)接種について

ワクチン接種による、新型コロナウイルスへの感染や重症化の予防効果は、時間の経過とともに低下するとされています。
また、3回目の接種をした人のほうが、感染や重症化する人が少ないと報告されていることから、本市においても新型コロナウイルスワクチンの追加(3回目)接種における接種券を順次発送します。

対象者

2回目のワクチン接種完了から、原則8カ月以上経過した18歳以上の人

使用するワクチン

mRNAワクチン(ファイザー社製または武田/モデルナ社製)を使用します。
なお、武田/モデルナ社製は接種量が初回接種の半量です。

1・2回目と異なるワクチンも使用できます

1・2回目接種でファイザー社製ワクチンを受けた人が、3回目でファイザー社製ワクチンを受けた場合と、武田/モデルナ社製ワクチン(※)を受けた場合のいずれにおいても、抗体価が十分上昇することが報告されています。
※武田/モデルナ社製ワクチンは3回目は50μg接種することになっているが、この報告は100μg接種した結果




★厚生労働省ホームページより
追加(3回目)接種に使用するワクチンのお知らせ(65歳以上の方へ)

接種回数および費用

1回・自己負担なし

接種券発送スケジュール


 

接種会場および予約方法

医療関係者など

原則、2回接種された医療機関(勤務先など)での接種をお願いしていますので、まずは、各医療機関にご確認ください。
医療機関での接種が難しい場合は、新型コロナウイルスワクチン接種対策室まで、ご相談ください。

 

高齢者

①予約の受付開始は、接種券がお手元に届き次第、可能です。

接種券の第1弾の発送を1月17日(月)に行います。
第2弾以降は、順次発送します。

 

②接種を希望する場所により予約方法が異なります。

予約方法は、接種を希望する医療機関や集団接種会場により異なります。
電話予約時間も、医療機関ごとに異なりますので、ご注意ください。
予約を受け付けていない時間に医療機関へ電話をされることはお止めください。
詳しくは、こちらを確認ください。




ワクチン接種のお知らせ(チラシ)

※大佐診療所の予約は、大佐診療所へ直接電話してください。
 

③予約には、接種券番号と接種者の生年月日が必要です。

お手元に届いた接種券一体型予診票をご確認ください。

予約方法

1 ハガキでおまかせ予約

電話なしで予約がとれる方法です。
ただし、下記のすべてに該当する人が条件です。

・接種会場、医療機関はどこでもよい
・接種日時はいつでもよい
・ワクチンについては、ファイザーまたはモデルナのどちらでもよい

ご希望の人は
①接種券一体型予診票とともに同封されているハガキへ氏名・住所・連絡先をご記入ください。


②お手元に封筒が届いてから、10日以内にハガキを投函してください。
③接種日時などは、後日お知らせします。
 

2 インターネットでかんたん予約(24時間対応)

●予約できる医療機関

医療機関名
新見中央病院(新見) 渡辺病院(高尾)
太田病院(西方) 吉田医院(高尾)
国際貢献大学校メディカルクリニック
(哲多)
哲西町診療所(哲西)
集団接種会場(新見市内) 県内医療機関(新見市除く)
★定期的に受診中の方または、1回目・2回目を接種された方を優先
 

●予約方法

事前に、接種券一体型予診票と同封しているインターネットでの予約方法のチラシをお手元にご準備ください。
次のリンクをクリックして、岡山県共通予約システムにログインしてご予約ください。





インターネットでの予約方法(チラシ)
 

3 電話で予約(コールセンター)

●予約できる医療機関

医療機関名
新見中央病院(新見) 渡辺病院(高尾)
太田病院(西方) 吉田医院(高尾)
金田医院(大佐) 国際貢献大学校メディカルクリニック
(哲多)
哲西町診療所(哲西) 集団接種会場(新見市内)
県内医療機関(新見市除く)  
★定期的に受診中の人または、1回目・2回目を接種された人を優先
 

●予約方法

コールセンターに電話して、インターネットの予約を受け付けている医療機関や集団接種会場の予約をしてもらいます。

<新見市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター>
電話番号:
0120-860-370
受付時間:平日8時30分~17時30分
 

4 電話で予約(各接種医療機関)

●予約できる医療機関




 

注意事項

接種の際は封筒ごと医療機関に持っていってください。

封筒の中には以下のものが入っています。

【宛名台紙】 ※これがないと接種が受けられません。

【接種券一体型予診票】 ※これがないと接種が受けられません。

【予約用ハガキ】
【予約チラシ】
【インターネット予約のチラシ】
【ファイザーおよび武田/モデルナワクチンの説明書】

 

2回接種後に本市に転入された人は、接種券発行のための申請が必要です。

本市では接種状況が把握できないため、次の申請書を記入の上、新型コロナウイルスワクチン接種対策室あてにご提出ください。

接種券再発行申請書(word)

接種券再発行申請書(PDF)


 

県外に住民票のある人が、本市の医療機関で接種を受ける場合は申請が必要です。

以下の手順で申請してください。

1.他市町村で発行された接種券を健康づくり課へ持参してください。
2.「住所地外接種届」を記入します。
3.「住所地外接種届出済証」を発行します。
4.接種を受ける際に、医療機関へ「住所地外接種届出済証」を提出してください。

住所地外接種届(word)

住所地外接種届(PDF)

 

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

福祉部 新型コロナウイルスワクチン接種対策室
電話 0867-72-6129   ファクス 0867-72-6613

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)

↑