くらしのガイド

子育て・教育・文化・スポーツ

まなびの森新見図書館開館5周年記念行事・講演会「僕を動かす夢のちから」(荻田泰永氏)を開催します!

拡大して見ることができます



まなびの森新見図書館(中央図書館)開館5周年記念行事
講演会「僕を動かす夢のちから」(北極冒険家・荻野泰永氏)


荻田泰永さん自身の生きる目的、目標、そのための手段について語る講演会です。
日本で唯一の北極冒険家による貴重なお話です。ぜひお越しください。


【日時】
11月28日(日)13:30〜15:00(開場 13:00)

【場所】
まなび広場にいみ 小ホール

【講師】
荻田 泰永 氏

●経歴
1977年生まれ。神奈川県愛甲郡愛川町出身。
カナダ北極圏やグリーンランド、北極海を中心に主に単独徒歩による冒険行を実施。
2000年より2019年までの20年間に16回の北極行を経験し、北極圏各地をおよそ10,000km以上移動。
世界有数の北極冒険キャリアを持ち、国内外のメディアからも注目される日本唯一の「北極冒険家」。
2016年 カナダ最北の村グリスフィヨルド〜グリーンランド最北のシオラパルクをつなぐ1000kmの単独徒歩行(世界初踏破)
2018年1月5日(現地時間) 南極点無補給単独徒歩到達に成功(日本人初)
2018年2月 2017「植村直己冒険賞」受賞
2020年3月 著書『考える脚』が第9回「梅棹忠夫・山と探検文学賞」受賞

TBS「クレイジージャーニー」、NHK「ニュースウォッチ9」、WOWOW「ノンフィクションW」などで特集番組多数。ラジオ、雑誌、新聞など各メディアでも多く紹介される。
日本国内では夏休みに小学生たちと160kmを踏破する「100milesAdventure」を2012年より主宰。
北極で学んだ経験を旅を通して子ども達に伝えている。
海洋研究開発機構、国立極地研究所、大学等の研究者とも交流を持ち、共同研究も実施。北極にまつわる多方面で活動。

■著書(図書で借りることができます)
『考える脚』(KADOKAWA 2019年)
『北極男』(講談社 2013年)

【対象・定員】
中高生、一般・150人


※入場無料。申込みは不要です。


【問い合わせ先】
まなびの森新見図書館(中央図書館)
TEL/0867-72-2826

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会教育部 生涯学習課
電話 0867-72-6147  

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)

↑