くらしのガイド

健康・親子保健・妊娠・結婚

10代・20代の男性の新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

 

ファイザー社と武田/モデルナ社の新型コロナワクチン接種後に、ごくまれに心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されています。特に10代・20代の男性の2回目接種後4日程度の間に多い傾向があります。10代・20代の男性と保護者の人は、厚生労働省が発行しているチラシ「新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について」をよくお読みの上、接種を受けるようにしてください。




○1回目に武田/モデルナ社のワクチンを接種した人で、2回目の接種をファイザー社のワクチンへ変更したい場合は、新型コロナウイルスワクチン接種対策室(健康づくり課内)までご相談ください。10代・20代の男性のみ、ワクチンの交互接種(1回目と2回目を異なるワクチンで接種)が認められています。

○ワクチン接種後4日程度の間に、胸の痛み、動悸、息切れ、むくみなどの症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診して、ワクチン接種を受けたことを伝えてください。これらの症状は、心筋炎・心膜炎の典型的な症状です。ただし、ほかの原因でもこれらの症状が出る場合がありますので、医師の診察を受けましょう。

○新型コロナワクチンは、発症予防効果などの接種のメリットが副反応などのデメリットよりも大きいことが確認されているため、接種をお勧めしています。しかし、ワクチン接種はあくまでご本人の意思に基づき受けていただくものです。ご本人が納得した上で、接種をご判断ください。
このページに関するお問い合わせ先

福祉部 新型コロナウイルスワクチン接種対策室
電話 0867-72-6129   ファクス 0867-72-6613

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)

↑