くらしのガイド

子育て・教育・文化・スポーツ

子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)を支給します

 新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中、低所得の子育て世帯に対し、食費などによる支出の増加が家計に及ぼしている実情を踏まえ、生活の支援を行う観点から新たに特別給付金を支給します。

●対象者 

令和3年3月31日時点で、18歳未満の児童(障がいのある児童の場合は20歳未満)を養育する父母などで次の①または②に該当する人
*令和3年4月1日から令和4年2月28日までに生まれた児童を養育する父母なども対象になります。

①令和3年度住民税(均等割)が非課税の人
②新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月以降の収入が急変し、住民税非課税相当の収入となった人

●支給額

 児童1人当たり一律5万円 

●支給手続き

(1)令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の受給者で、令和3年度住民税非課税の人

 申請は不要です。
 対象となる人には、令和3年7月2日(金)に郵送で通知しています。児童手当または特別児童扶養手当の支給口座に振り込みます。

 ※ただし、次の場合は、届け出が必要となります。(令和3年7月12日(月)まで)

 ・給付金の受給を希望しない場合は➡受給拒否の届出書 が必要です。

 ・やむを得ず口座変更を希望する場合は➡支給口座登録等の届出 が必要です

   ※令和3年5月分以降の児童手当・特別児童扶養手当の新規認定を受けた人、令和3年4月1日以降に転入した人などは、申請手続きについてお問い合わせください。
 

(2)令和3年度末までに16歳から18歳になる児童(平成15年4月2日から平成18年4月1日までに出生した児童)のみを養育している人で、令和3年度住民税非課税の人
 
(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、令和3年1月以降の収入が急変し、住民税非課税相当の収入となった人

 (2)(3)の人は
申請が必要です。
  
申請書に必要事項を記載して、添付書類とあわせて提出してください。

申請書

●添付書類

申請者の本人確認書類の写し

 

 (運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、年金手帳、介護保険証、パスポートのいずれか)

受取口座を確認できる通帳やキャッシュカードの写し

・戸籍謄本または住民票などの写し(必要な場合のみ)

(収入が急変した人のみ)
簡易な収入見込額申立書
簡易な所得見込額申立書
・令和3年1月以降の任意の月の収入(所得)を証明する書類(給与明細書、年金振込通知書など)

 ※対象者により添付書類が異なりますので、お問い合わせください。

●注意してください

・他市町村ですでに給付金を受けた児童分は原則対象となりません。
・ひとり親世帯分の給付金を受け取った人は原則対象となりません。
・給付金の支給後、給付金の支給要件に該当しないことが判明した場合には、給付金を返還していただく必要があります。
 (遅れて確定申告や修正申告をした結果、住民税が課税になった場合、二重に給付金を受給した場合など)

●申請受付期間

令和3年8月2日(月)~令和4年2月28日(月)

このページに関するお問い合わせ先

福祉部 こども課
電話 0867-72-6115  

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)

↑