くらしのガイド

手続き・証明・申請・届出

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金のご案内

 新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中、生活困窮者の就労による自立等を図るため、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金が支給されます。

 

 支給要件

 1.緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯

・総合支援資金の再貸付を借り終わった世帯/8月までに借り終わる世帯

   ・総合支援資金の再貸付が不決定となった世帯

   ・総合支援資金の再貸付の相談をしたものの、申込に至らなかった世帯

 

 2.世帯全体の収入月額が、①+②を超えないこと

   ①市町村民税の均等割が非課税となる収入額の1/12

   ②生活保護の住宅扶助基準額

 (例)

   単身世帯  78,000円 + 31,000円 = 109,000円

   2人世帯 115,000円 + 37,000円 = 152,000円

   3人世帯 140,000円 + 40,000円 = 180,000円

 

 3.資産が上記①の6倍以下(ただし100万円以下)であること

 

 4.今後の生活の自立に向けて、下記の活動を行うこと

   ・月1回以上、自立相談支援機関の面接等を受ける

   ・月2回以上、公共職業安定所で職業相談等を受ける

   ・原則週1回以上、求人先へ応募を行う又は求人先の面接を受ける

 

 申請期間

  令和3年7月1日 ~ 令和3年8月31日

 

 支給額

  単身世帯:6万円  2人世帯:8万円  3人以上世帯:10万円

 

 支給期間

  3か月間

 

 ※ 対象となる可能性がある世帯へは案内文を送付しています。


                     問い合わせ先:福祉課生活支援係 72-6126

このページに関するお問い合わせ先

福祉部 福祉課 生活支援係
電話 0867-72-6126   ファクス 0867-72-1407

メールでのお問い合わせはこちら

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)

↑