くらしのガイド

健康・親子保健・妊娠・結婚

食中毒注意報が発令されています

食中毒に注意しましょう

最近の気温および湿度の状況から、食中毒の発生が危惧されるため、岡山県は令和2年6月7日から県内全域に食中毒注意報を発令しています。

次の「食中毒予防の三原則」に注意して食品を取り扱い、食中毒を予防しましょう。

食中毒予防の三原則

1.『清潔』(菌を付けない)
・調理前、食事前、トイレ後には、よく手を洗いましょう。
・台所は、整理整頓し、常に清潔にしましょう。
・まな板、ふきんなどの調理器具は、十分に洗浄・消毒を行いましょう。
・焼き肉をするときは、生の肉をつかむ箸と食べる箸を使い分けましょう。
2.『迅速・冷却』(菌を増やさない)
・生鮮食品や調理後の食品は、できるだけ早く食べましょう。
・生鮮食品や調理後の食品を保存するときは、10℃以下で保存しましょう。
(生食用鮮魚介類は、4℃以下で保存するよう努めましょう。)
3.『加熱』(菌をやっつける)
・加熱して食べる食品は、中心部まで十分に火を通しましょう。
・特に、食肉は中心の色が完全に変わるまで十分に火を通し、生食は避けましょう。

 

家庭でできる食中毒予防

以下の6つのポイントを参考に、家庭での食中毒を予防しましょう。(厚生労働省HPより)



(PDFはこちら
 

テイクアウト(持ち帰り)も要注意!

最近増えているテイクアウト(持ち帰り)も注意が必要です。(岡山県HPより)





(PDFはこちら
 
このページに関するお問い合わせ先

福祉部 健康づくり課
電話 0867-72-6129   ファックス 0867-72-6613

メールでのお問い合わせはこちら

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)

健康・親子保健・妊娠・結婚