くらしのガイド

住まい・環境

【平成30年7月豪雨関係】災害復興住宅建設資金等利子補給補助金を交付します

 平成30年7月豪雨により住宅に被害を受けた方が、新たに住宅を建設・購入、または被災住宅を補修するための資金として金融機関等から融資を受ける場合、その利子相当額を補助します。
 なお、すでに融資を受けて住宅の建設、購入、補修を行われている場合も対象となります。

補助期間

最初の利子支払いの日から10年間

申込期限

被災日から2年以内

対象者および主な条件

(1)被災日から2年以内に融資を申込み、市内で住宅の建設、購入、補修を行うこと
(2)令和3年12月31日までに利子の支払いが開始すること
(3)対象者および対象となる区分は表のとおり
区分 対象者
住宅の建設 災害の際、現に自ら居住していた住宅又は自己の所有する住宅が全壊し、大規模半壊し、又は半壊した者
住宅の購入
住宅の補修 災害の際、現に自ら居住していた住宅又は自己の所有する住宅に被害が生じた者

融資対象限度額および利子補給率

(1)通常の融資制度を利用する場合
区分 融資対象限度額 利子補給率
令和元年9月30日までに
融資申込の場合
令和元年10月1日以降に
融資申込の場合
住宅の建設 建設資金(※) 1,650万円 1,680万円 年利
0.63%
以内
土地取得資金 970万円 970万円
整地資金 440万円 450万円
住宅の購入 購入資金(※) 2,620万円 2,650万円
住宅の補修 補修資金 730万円 740万円
整地資金及び
引方移転資金
440万円 450万円
(※)融資の際、被災親族同居の加算がある場合は、建設資金または購入資金の融資対象限度額に640万円(令和元年9月30日までに融資申込の場合は630万円)を加算。

(2)リバースモーゲージ型の融資制度を利用する場合
区分 融資対象限度額 利子補給率
令和元年9月30日までに
融資申込の場合
令和元年10月1日以降に
融資申込の場合
住宅の建設 建設資金(※) 2,160万円 2,200万円 年利
2.12%
以内
土地取得資金 970万円 970万円
整地資金 440万円 450万円
住宅の購入 購入資金(※) 3,130万円 3,170万円
住宅の補修 補修資金 730万円 740万円
整地資金及び
引方移転資金
440万円 450万円
(※)融資の際、被災親族同居の加算がある場合は、建設資金または購入資金の融資対象限度額に640万円(令和元年9月30日までに融資申込の場合は630万円)を加算。
関連ファイル
このページに関するお問い合わせ先

建設部 都市整備課 都計・住宅係
電話 0867-72-6118  

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)

住まい・環境