行政・議会

新見市の紹介

2020年農林業センサスを実施します

 令和2年2月1日を基準日として、 2020年農林業センサスを実施します。
 調査対象となられたみなさまのご協力をお願いします。

 

調査の目的

 農林業センサスは、我が国の農林業の生産構造や就業構造、農山村地域における土地資源など農林業・農山村の基本構造の実態とその変化を明らかにし、農林業施策の企画・立案・推進のための基礎資料となる統計を作成し、提供することを目的に、5年ごとに行う調査です。
 調査結果は、農林水産省が様々な農林行政施策を企画立案するための指標として活用されているほか、地方交付税の算定基礎や各種統計調査の名簿作成などに利用されています。

調査の内容

 調査ごとに以下のような内容を調べています。

●農林業経営体調査
 農業労働力、経営耕地面積、農作物の作付面積、家畜の飼養状況、農産物の販売金額、農作業受託の状況、農業生産関連事業、林業労働力、保有山林面積、素材生産量、林産物の販売金額、林業作業の委託及び受託等

●農山村地域調査(市区町村用)
 総土地面積、林野面積

●農山村地域調査(農業集落用)
 寄り合いの実施状況、地域活動の状況、地域資源の保全・活用状況、実行組合の有無等

調査の方法

●農林業経営体に関する調査(農林業経営体調査)
 統計調査員が2020年1月中旬以降、農林業を営んでいるすべての農家、林家や法人の皆様の元へ伺い、聞き取りにより調査客体の判定を行います。調査客体となった皆様に対して、調査票の記入をお願いし、ご記入いただいた調査票を統計調査員が回収します(オンラインでの回答も可能です)。

●市区町村を対象とした調査(農山村地域調査(市区町村用))
 2020年1月以降オンライン又は郵送により調査票を配布し、返送していただく方法で調査します。

●農業集落を対象とした調査(農山村地域調査(農業集落用))
 2019年12月以降、行政地区総代の方に民間業者から調査票を郵送し、返送していただく方法で調査します(オンラインでの回答も可能です。)。期日までに返送いただけなかった場合は、2020年4月以降統計調査員が、調査票の記入のお願いに伺い、ご記入いただいた調査票を回収します。 

調査の期日

 令和2年2月1日を調査期日として行われます。



↑クリックすると農林水産省のホームページに移動します。
このページに関するお問い合わせ先

総務部 総合政策課 企画政策係
電話 0867-72-6114  

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)