行政・議会

まちづくり

小規模多機能自治による地域共生社会の基盤構築に向けた取組事例

 ここでは、市内各地域で行われた小規模多機能自治による地域共生社会の基盤構築に向けた取組事例をご紹介します。

<唐松・広瀬地区新組織設立準備会(ワークショップ)風景>

 子どもから大人までが参加し、地域の将来計画について話し合いをしました。

<熊野・井倉野助け合い事業出発式風景>※協働のまちづくり交付金活用事業

 熊野の将来を考える会では、協働のまちづくり交付金を活用し、生活支援や送迎支援に取り組む助け合い事業をスタートしました。

<蚊家地区除雪支援(スコップ隊)結成式風景>※協働のまちづくり交付金活用事業

 蚊家地区ふるさと振興協議会では、協働のまちづくり交付金を活用し、スコップ隊を結成し、除雪支援事業の取組をスタートしました。

<協働によるまちづくり講演会風景>

 「小規模多機能自治」の提唱者である川北秀人氏を講師に迎え、全国の事例を交えながら、今後の地域づくりの考え方や進め方についての講演会を開催しました。

<「熊野の将来を考える会」地域運営組織への移行準備会(ワークショップ)風景①>

 地域の将来計画策定に向け、子ども世代の意見を聞く会を開催しました。

<「熊野の将来を考える会」地域運営組織への移行準備会(ワークショップ)風景②>

 
地域の将来計画策定に向け、大人世代の意見を聞く会を開催しました。

<「熊野の将来を考える会」総会(地域運営組織への移行に向けて)風景>

 令和元年5月18日(土)、熊野総合センターにおいて、熊野の将来を考える会総会が開催され、市長が来賓として出席しました。
 今回の総会では、「新見市版地域共生社会構築計画」に定める「地域運営組織」へ移行するための議案(「地域の将来計画」や「組織体制」等)が審議され、承認されました。
 今後、同会は地域運営組織の認可申請手続きを行い、市内で初の地域運営組織として活動を開始します。

<「唐松まちづくり協議会(地域運営組織)」設立総会風景>

 令和元年6月2日(日)、唐松市民センターにおいて、唐松まちづくり協議会設立総会が開催され、市長が来賓として出席しました。
 今回の総会では、「新見市版地域共生社会構築計画」に定める「地域運営組織」を設立するための議案(「地域の将来計画」や「組織体制」、「規約」等)が審議され、承認されました。
 今後、同会は地域運営組織の認可申請手続きを行い、地域運営組織として活動を開始します。

<住民自治のまちづくり講演会(神郷地域)〜「新見市版地域共生社会」実現に向けて〜風景>

 広島県三次市の川西自治連合会会長の福永要氏を講師に迎え、事例を交えながら、住民自治による地域づくりの考え方や進め方についての講演会を開催しました。
 

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

総務部 総合政策課 協働推進係
電話 0867-72-6143  

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)

まちづくり