行政・議会

まちづくり

『さあ歩こう!!クアオルト健康ウオーキング』とは??

 市民の皆さんの健康づくりを進め、健康寿命の延伸を図る新たな取組として「クアオルト健康ウオーキング」を実施することとし、平成29年10月22日(日)に、クアオルト健康ウオーキングの専用コースである「クアの道」2コースが認定されました。

「クアオルト」とは?

 ドイツ発祥の制度で、療養地・健康保養地として医療保険が適用(ドイツに限る)される、国が認定した地域のことをいいます。ドイツは日本の医療制度と異なり、専門医が温泉等の自然資源を活用して治療を行う、統合医療になっています。

 日本では、ドイツの考え方をもとに、「健康づくり」を目的として、日本の風土や国民性に合わせた、「日本型クアオルト」の形成に向けた取組が進められています。

 この取組の主となる健康増進プログラムは、ドイツで高血圧、骨粗しょう症等の治療に使用する「気候性地形療法」を基本とした、運動リスクの少ない方法で安全に野山を歩く、「クアオルト健康ウオーキング」や「水中運動」を中心としています。

【参考】
 クアオルトとは 【(株)日本クアオルト研究所ホームページから】

※(株)日本クアオルト研究所は、この日本型クアオルトの形成や、クアオルト健康ウオーキングの普及に取り組んでいます。

「クアオルト健康ウオーキング」って?

 ドイツの気候性地形療法のコース基準を基本とし、身体に対する運動負荷や心理的な対応、安全対策、救急対策などに配慮された市内の認定コース((株)日本クアオルト研究所の認定コース)を、専門ガイドによる案内のもと、「血圧」「脈拍」 「体表面温度」を測定・調整しながら、 個人の体力に合わせて“無理なく効果的、定期的に” ウオーキングすることをいいます。



 こうしたウオーキングを続けることで、生活習慣病や認知症、メンタルヘルス、糖尿病、運動器症候群の予防と対策に効果があると言われています。

「クアオルト健康ウオーキング」のポイント!

◆心拍数◆

上りでのウオーキング中の心拍数の目標を

 160ー(マイナス)年齢

に保つことで、一人ひとりの体力に合わせ、無理なく運動を行うことができます。
※ただし、血圧降下剤を服用している場合は、目標より10〜20%減じます。



※ウオーキングの途中で休憩しながら測定を行います!


◆体表面温度◆

ウオーキング実施前との比較で、運動中の体表面温度の平均

 ー(マイナス)2度 
  (体感的には、“少し冷たい”と感じる程度)


に保ちながら運動することで、運動効果を高めることができます。



 

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

総務部 協働推進課
電話 0867-72-6143   ファックス 0867-72-6181

メールでのお問い合わせはこちら

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?
このページについてご要望がありましたら、ご記入ください。(個人情報は記入しないでください。)

まちづくり