臨時福祉給付金(経済対策分)についてのお知らせ

2017年3月1日

【臨時福祉給付金(経済対策分)】

  平成26年4月の消費税引き上げに伴い、所得の低い人の負担に配慮するため、臨時的な措置として臨時福祉給付金が支給されます。

 

■給付対象者

  基準日(平成28年1月1日)時点で新見市の住民基本台帳に登録され、平成28年度の市民税(均等割)が非課税の人。
  ※家族などに扶養されている場合は、扶養者が課税されていないこと。また、生活保護制度の被保護者となっていない

  ことなどの条件があります。

  

■給付額

  給付対象者1人につき 1万5千円

 

【申請方法など】

■申請受付期間・時間

  平成29年3月1日(水)~6月1日(木) 8時30分~17時15分

  ただし、土曜日、日曜日、祝日を除く。

 

■申請場所 

  市役所総合窓口

 各支局及び市民センターでも申請書をお預かりしますが、資格審査が行えないため、市役所総合窓口で申請していただくようご協力ください。

  なお、本人の来所が困難な場合は、世帯員や法定代理人でも申請できます。

 

■申請に必要な書類

 1 申請書(請求書)

     申請書(請求書)は、対象となる可能性のある人に対し、臨時福祉給付金対策室から送付しています。

     なお、所得の申告がまだお済みでない人などは、給付対象者となる可能性がありますので窓口で申請書(請求書)をお受け取りください。 

 2 本人確認書類(申請者と給付対象者全員分)

      運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、健康保険被保険者証、年金手帳、学生証などの写し

      ※外国人の人は在留カード、特別永住証明書などの写し

      ※書類原本をお持ちの場合は窓口で写しをとらせていただきます。

 3 振込先金融機関口座確認種類

      通帳またはキャッシュカードの写し(ゆうちょ銀行を含む金融機関)

 4  その他の書類

      今年1月1日時点で扶養者の住民票が他の市区町村にある人は、別に書類が必要となります。

 

 ■郵便での申請

    昨年の給付金を受け取られた人で、振込口座に変更のない人は、郵送で申請できます。この場合、「本人確認書類」と「振込先金融機関口座確認書類」の提出は必要ありません。

 なお、送付した申請書にに記載されている内容に変更のある人は、添付書類が必要になる場合がありますので、お問い合わせください。

 

 

 

■問い合わせ先

福祉部 福祉課
臨時福祉給付金対策室
電話:0867-72-6126
Copyright © NIIMI CITY, Okayama, Japan All rights reserved.