満奇洞(まきどう)

2016年2月8日

 満奇洞.jpg

 

関連リンク:新見市行政チャンネル「満奇洞 ~悠久の時間と水が地球に刻む幽遠の世界~」

 

岡山県指定天然記念物
岡山県高梁川上流県立自然公園特別地域

 

もの言わぬ石の芸術が語りかける
歴史の不思議に大感激

 

満奇洞(まきどう)は、新見市内の洞窟群の中でも開発が早く、その変化のすばらしさは他に比類がありません。

昭和4年に情熱の歌人与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と詠んだことから、満奇洞と呼ばれるようになりました。
雄大で繊細、豪猛にして精微、鮮麗にして幻怪。
水が地球に刻んだ造形の画廊です。


洞穴は、平面に発達した迷路のようになっています。
総延長は450m、最大幅25mで、洞内には無数のつらら石・カーテン・洞穴サンゴが発達した見事な景観をもっています。
洞穴にある「泉水」には、イタリアの「トレビの泉」にならって、コインを投げ入れる人がいます。
願い事を思い、後ろを向いて、左肩越しに投げ入れると、その願いがかなうと言われています。

鍾乳洞とは

新見市の南部は石灰岩でできたカルスト台地です。
井倉洞や満奇洞は、その台地の中にできた洞窟です。
石灰岩の多くは、海の底にたまった古い時代のサンゴや小さな生物のカルシウム分が、地球の中に何億年も抱きしめられてできたものです。
私たちは、何億年も前の生命を、今、石灰岩という形で目の当りにしているのです。
石灰岩は、炭酸ガス(二酸化炭素)を含んだ水に溶かされます。
溶かされてできたのが洞穴です。

石灰岩を溶かした水が、天井から落ちるとき、溶けていた石灰分が”つらら”のようにつながりできたのが「鍾乳石」。
落ちたところに石灰分が積もって竹のようにできたのが「石筍」です。
上からの鍾乳石と下からの石筍がつながると「石灰柱」になります。
鍾乳洞は、水と石灰岩の出会いと別れの永い歳月の造形です。

 

入洞料金

  大人 高校生 中学生 小学生
個人 1,000円 1,000円 800円 500円
団体 20人以上 900円 800円 700円 400円
50人以上 850円 750円 650円 350円
100人以上 800円 700円 600円 300円

 

 ■障がい者料金…中学生以上500円、小学生以下無料(※本人のみ)

お問い合わせ先

 

  • 満奇洞管理事務所
    電話0867-74-3100
  • 新見市観光協会
    電話0867-88-8154
  • 新見市商工観光課
    電話0867-72-6136

 

Copyright © NIIMI CITY, Okayama, Japan All rights reserved.